モニターの色と実際の色が違うというのはどういう事ですか?

パソコンのモニタやテレビは加法混色といい、
R(レッド)G(グリーン) B(ブルー)の三つの色を混ぜて色を再現しています。

印刷物や一般のプリンターでは、減法混色といい、
C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)を追加した4色で再現されます。
絵の具と同じで、色を混ぜるほど明度が下がり黒に近づいていきます。

色の領域はRGBのほうが広いため、RGBからCMYKに変換する場合CMYKの領域外にある明度の高い鮮やかな色は、近似色に変換されくすんだ感じになります。
また、モニターによってもそれぞれ見え方は異なりますので、色が心配なお客様は色校正を取って頂くことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください